中高年の美容と健康

肌年齢を若くしたい

肌年齢を若くしたいと願う方は多くいると思います。肌年齢が若い人が行っているケアの方法をいくつか紹介します。
まずは、日焼けをしないということです。
日焼けをするとお肌は格段に年をとってしまいます。

 

あるタクシードライバーは窓側の日が当たる部分だけ、顔半分がお爺さんのようにシワシワになってしまった例があります。
そして、顔を清潔に保つことです。
しかし、洗顔のしすぎは肌の水分を守っている皮脂まで落としてしまうためよくありません。

 

肌年齢の決め手は肌の保湿力です。
洗顔後は必ず化粧水で整えるようにしましょう。
水を飲むことも肌の水分を保つために有効です。

 

ついつい冬場になると水分を摂らないことが多いですが、水分を沢山とりその分排泄することでデトックス効果も上がり、肌もきれいになります。
そして、食事です。
肌年齢が若い人は様々な食材を食べています。
特にビタミンは代謝に必要な酵素です。
そして最後に睡眠です。

 

10時から26時の間がお肌の再生の黄金時間を呼ばれています。
一番成長ホルモンが出て、肌の修復が行われている時間のようです。
これらのポイントに気にとめながら肌年齢を若くしましょう。

 

それと、体を動かすフィットネスなんかも良いんですけどね。
体を動かして汗をかくと新陳代謝が上がて若返るんです。
肌だけでなく、心も体も若返るなら30分フィットネスですね。

 

http://www.finalmovefilms.com/

お肌のターンオーバー

夏に日焼けをしても、冬になればまた本来の肌の色に戻っているという経験はありませんか。
これはお肌のターンオーバーの一つです。

 

皮膚は、一番外側から角質層、顆粒層、有刺層、基底層と4つの段階にわかれています。
これが日が経つごとに下層から新しい皮膚層が作られ上層へ押し上げられます。
一番上の層は垢として落ちます。この皮膚の代謝の仕組みをお肌のターンオーバーと言います。

 

しかし、年齢を重ねるとともにお肌のターンオーバーの力が落ちてきてしまいます。
昔より傷が治りにくくなるのもターンオーバーの周期がゆっくりになっている証拠です。

 

しかし、お肌のターンオーバーは早すぎてもよくありません。
早すぎると、十分に肌細胞が育っていないのに外側へ押し上げられてしまい、皮膚本来の機能が未熟なまま外部にさらされます。
未熟なままだと水分の保護機能やバリア機能が不十分で、カサカサやゴワつきなどトラブル肌の原因になってしまいます。

 

洗顔のしすぎにより皮膚をこすって必要以上の角質を落としてしまうとターンオーバーは必要以上に早まります。
お肌のターンオーバーを正常にすることが美しい肌を保つ秘訣になります。

 

更新履歴